そもそもですね。整形外科医はリハビリなんて系統的に習う機会なんてないわけなのです。実地訓練で、医師になってからいきなり自分たちより知識のあるPT(理学療法師)さんたちに指示出すわけですから、

うまくいきっこない

 ような気がします。もちろんPTの方々、ものすごいいい人が多いです。ですから表面上とくに言われませんが、影では結構いろいろ主張がある人たちなのですね。ですからリハビリも勉強して注意していきましょう!自分ではできる!と思っていても、PTをいろいろお話しすると、いろんなことを考えているPTはそもそもとっても多いのです。。

私が勉強したリハビリの教科書はやや古い教科書になるのですが
リハビリテーションシークレット

です。

 この本、ものすごい面白いです。USAの10年前くらいのリハビリでの常識的なポイントについて触れられいます。ややバージョン古いのですが、偉い整形外科医の先生は読むべきだと思いますね。幸運なことに、これ日本語ですから、、

面白い部分はいろいろあるのですが、まず目に付くのは、

・リハビリは、PM&RというPhysical Medicine and Rehabilitationの略です。リハビリ専門の科じゃないんです。

 そうです。リハビリは身体医学がメインであり、リハビリは物理医学が基礎になっているという部分です。私はまずここに注目しました。整形外科医が自分ではできると思っていながら、むしろ全然弱い部分でもあります。整形外科医として、保存療法を体系的に学ぶこと、こういう機会はほとんどないんじゃないかと思うからです。

 あとは言いえて言うと、これは現存の少数派であるリハ医に対しても、もう少し身体医学もがんばってくださいよ!という形になります。

そしてこのPhysical Medicine and Rehabilitationですが、体系的にまとまっています。
・基本理念
・障害者のケア
・評価
・電気診断学
・各論
・筋骨格系
・全身性疾患
・慢性疼痛
・特殊領域(スポーツ 芸術)
・職業
・合併症
・治療法
・物理療法
・インターベンション
・装具

というラインナップです。これだけの分野の系統的講義を受けたことはありません。
ほぼ実地訓練ですね。。
ですから、日本の整形外科医が、我々はプライマリもやるんだ!と本当に言い張るなら、、、

orthopedicsではなくて、

PM&O Physical Medicine and orthopedics

PM&Oと名乗ればいいのです!多くの整形外科医は、保存療法嫌いでしょうから、これは嫌だと思いますので、そうすると納得されるのではないかと思います。自分たちがどういう立ち位置にいるかということを、、
我々は、保存療法を重視しますが、あくまで手術がメインの科として教育を受けてませんか?

この本の衝撃的な部分は P336ページの

Q:腰痛は最初に外科医(脳外科医・整形外科医・外科医)にかかるべきか?

この答えになります。

この答えは、
A:絶対にダメである。

なのですが、その理由については、本書をお読み下さい、、、

関節mobilizationや鍼灸などのPM&R(”リハビリ”ではなく、、)での立ち位置などもわかり、私にはすごいためになった本でした。”外科医は外科医に特化しないと”再認識した本でもあります。

今後ともよろしくお願いしますね!
eseikeiUntitled

↑のロゴ、ぽちっと押してみてください。
blogランキングへの投票・リンクになります。