大腿骨頚部骨折ですね。見逃し例が他院から送られてくることや、同僚の先生が見逃した症例をうまくフォローすることは時々あります。

大腿骨頚部骨折の診断についてまとめると、、

・MRIでほとんど診断できる。
・単純レントゲンとCTで90%程度診断は可能だが、10%程度見逃す可能性がある。
・恥坐骨骨折の見逃しも多い。


ということでした。
(論文の参照がなく大変申し訳ありません。)
まだMRIでの見逃し例を経験したことは幸いありませんが、CTの見逃しはちらほらあるというか、私は馬鹿なので結構MRIもCTも両方とって良く観察していましたが、どうしてもこれはMRIでないとわからないだろうな。という症例が出てきてしまうのです。

前回外来の患者さんの記事で書いた患者さんは、脛骨近位端骨折の見逃しでしたが、頚部骨折もわりと見逃しがなくなりません。

恥坐骨骨折も、別に安静だけで治るじゃん!って思うのですが、やはり見逃してしまうと、、、

kossetuminogasi

これですね。これを食らってしまってあとあと紛争の種になってしまいます。

結局背景にあるのは

・ベッドがなくてなかなか入院させられないこと。

これが原因で、ついつい大丈夫だと言ってしまうというのだと思います。

これにならないようにするには、

・痛みが強い場合は入院加療を進めること。
・痛みが強い場合はレントゲンで大丈夫でも骨折していることがあることを伝えること。
・もっと痛くなったら必ず再来してもらうようにすること。

などがありますが、結局ベッドがないんですよね。。

整形外科医は基本的には
kossetu
こういう教育がされているはずなので、やっぱり骨折の見逃しは恥ずかしいですよね。。
なんとか工夫して乗り切りましょう!!

今後ともよろしくお願いしますね!
eseikeiUntitled

↑のロゴ、ぽちっと押してみてください。
blogランキングへの投票・リンクになります。


*藤堂茶路先生とはなさか爺先生のイラストを途中使用させていただいています。
*よく考えると、みたらし先生のイラストをずっと何回も使用してましたね。。ありがとうございます。。