今日は講演会でしたー!

骨軟部腫瘍について、
とってもわかりやすい講義でしたね!

やっぱり初診では絶対わからないような
悪性腫瘍を並べられて、

こんなの初診じゃわからないっしょ?

という講義スタイルは、、


外来を疑心暗鬼にさせますね。。

orthopedicsが、
以前の教育講演を受けた内容では、

はっきりとわかる骨軟部腫瘍ですね、

明らかな脂肪腫
明らかなガングリオン
明らかな神経鞘腫 はとってOK!

それ以外の明らかでないのは全部送れって感じだったんですよね。。

現場に出ると、

5cm以上のでかーい脂肪腫をいじってる一般外科医
>5cm以上だと整形外科医でも躊躇しますよ。
>場所も上肢とかだったら整形外科医にひと声かけたら?

詳細がわからないけど、小さいならなんでもとっちゃう形成外科医
>地雷っすよー。いつか踏みますよ!

とりあえずなんでも生検してから他施設に送れと言う整形外科部長
>明らかにおかしいのは送っちゃダメっすか?


っていう先生方が、

まだまだ現役っす!!

腫瘍の先生方、

現場の教育を是非是非お願いしまっす!!


あまりにひどいケースがあって相談したところ、、

”なんでも取れなんていう整形外科部長は、
早く訴えられて現役退いたほうがいいよね。
馬鹿な整形外科医、形成外科医、一般外科医、
はやくいなくなって欲しいよねー。”



先生、うちの施設で講演してくださいよー>。<


今後ともよろしくお願いしますね!
eseikeiUntitled

↑のロゴ、ぽちっと押してみてください。
blogランキングへの投票・リンクになります。