gustilo分類ですが、開放骨折の分類という認識の先生が多いと思います。

私も研修医の時は、開放骨折の分類だと思っていたのですが、

イマイチぴんとこなかったんですね。

開放骨折の考え方ですが、

重要なポイントは、

・治療をどうするか。

ということですね。

つまり、緊急でORIFするのか、それともEx-Fix(創外固定)で逃げるのか、即刻決めないといけないわけです。
この判断基準として、使用するわけなんですが、別にgustilo分類だけが重要なわけではありません!!
http://www.orthopedic.jp/archives/52094093.html

それよりは、JATECの方が重要です。

1、全身状態は保たれているか。
2、他の外傷はないか(近接外傷などの有無。)


こっちのチェックの方が優先順位が高いかなと。

それで、
1、骨折分類
2、軟部組織損傷の評価(gustilo分類など)

によって、ORIFか、それともEx-Fix(創外固定)にするのか、総合的に判断するということになります。

というわけで、gustilo分類っていうのは、

単に、軟部組織の評価であって、緊急手術の判断基準の分類とは少し違うよ!

ってことで終わりにしたいと思います。
gustilo分類の検索に引っかかってきた人は、、、
http://www.orthopedic.jp/archives/52065361.html
この骨折分類の本はゲットしてくださいね!

TypeⅠ:解放創が1㎝以下で清浄な解放骨折。
    横骨折・斜骨折など単純な型の骨折が多い。
TypeⅡ:解放創が1㎝以上であるが、広範な軟部組織損傷や弁状創を伴わない。
    横骨折・斜骨折や粉砕はあっても軽度な単純な型の骨折が多い。
TypeⅢA:解放創の大きさに関係なく、強い外力による広範な軟部組織の剥離や
    弁状創を伴うが、軟部組織で骨折部を被覆可能なもの。
TypeⅢB:骨膜の剥離を伴う広範な軟部組織の損傷と、著しい汚染を伴うもの。
TypeⅢC:解放創の大きさにかかわらず、修復を要する動脈損傷を伴うもの。

今後ともよろしくお願いしますね!
eseikeiUntitled

↑のロゴ、ぽちっと押してみてください。
blogランキングへの投票・リンクになります。