整形外科的まとめBlog

整形外科専門医が監修しているBlogです。初期研修や整形外科についての話題を医療、法律、ネット文化を幅広く取り扱います。専門医試験対策はアップデートされますので過去ログ参照してください。青森・東京・関西圏対応

LMS

LMS撃ち込んでますか?頚椎後方除圧固定が増加しているようです。

 広範囲の頚椎椎弓除圧手術ですね、みなさんどうされていますか?

 私的には椎弓形成が好きなのですが、最近の傾向は頚椎後方除圧固定のようです。以前に記事を紹介させていただきましたが頸椎で3椎間以上の除圧が必要な場合は後方固定を選択するのが一般的になってくると思われるので必然的に固定のインプラントが必要になってくるのでは、、、と思っていたら、、、、
http://www.orthopedic.jp/archives/cat_50048247.html

 先日MRさんに聞いたら、LMS(Lateral Mass Screw)システムの売り上げが2011年度から2012年度で8倍に増えているとの事。注目ですね!!

 やはりUSAで広範囲の除圧のスタンダードが椎弓形成ではなく、頚椎後方除圧固定となり、LMS(Lateral Mass Screw)も手技が簡単なので、売り上げが伸びている!ということなのだと思います。

 結構ROM制限も軸性疼痛もあまり問題にならないので問題なさそうです。

 インプラントメーカーは、個人的にはStrykerよりは、αテックの方が好きなのですが、みなさんどうされていますか?

 頚椎椎弓形成術後の後弯変形のレポートは7%くらいとのことですから、固定のメリットデメリットを整形外科的によく考えて手術に望みたいですね!!
http://www.orthopedic.jp/archives/52057531.html

今後ともよろしくお願いしますね!
eseikeiUntitled

↑のロゴ、ぽちっと押してみてください。
blogランキングへの投票・リンクになります。

頚椎手術おぼえがき@AOSpine頚椎変性疾患コース 2012年 整形外科研修

こないだ受講したAOSpineの頚椎変性疾患レクチャーのまとめ。
Laminoplastyは好きな手術なので、後彎変形については今後戦略とっていかないと。。

1、2椎体以内であれば、前方固定をしてもよい。
2、2椎体以上の場合、後方除圧のほうがよい。
3、後方除圧は椎弓形成も椎弓切除も後方不安定性には差がない。
4、後彎変形を伴う可能性がある場合は後方除圧固定。
5、基本的には後彎変形予防のために後方除圧固定がスタンダードとする。
6、後方除圧固定はPSは危ないのでLMSがスタンダード。

面白かったこと。
・日本で従来施行されている椎弓形成がスタンダードではないこと。
・頚椎広範囲除圧が必要な場合は後方除圧固定のみで勝負をつけること。
・リスクを嫌ってPSはもう打ち込まないこと。

今後ともよろしくお願いしますね!
eseikeiUntitled

↑のロゴ、ぽちっと押してみてください。
電子出版しました!
マンガで読み解く
腰痛診療ガイドライン
eseikei5
腰痛をマンガでまとめました!

初期研修レジデント
コミュニケーションマニュアル
eseikei5
お役に立てれば光栄です。

整形内科概論
一ヶ月スパルタマスターコース
eseikei5
リリースしました!
最新コメント
アクセスランキング
eせいけいメルマガ(PC用)
HN
職種
名前
email
登録すると、規約に同意するものとします。
医療情報を扱うため職種の入力のご協力をよろしくお願いいたします。
バックナンバー
RSS/Contact
icon_06RSS登録はこちらから
相互リンクのご連絡はこちら☆ 医療相談についてのガイドラインはこちら☆
プロフィール

orthopedics

関連ページ
eseikeijWiki eせいけい
 ブログの内容をまとめたページです。整形外科専門医試験対策もまとめてみました。
eseikeijメルマガ eせいけい 
 メルマガをはじめました!応援をお願いいたします。
 
Amazonライブリンク
ブログランキング
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ